経営方針

当社は、持株会社として限られた経営資源をグループ傘下の各企業へ効率的に投入することで、利益の最大化・株主価値の極大化を図ることを経営目標として掲げております。

この経営目標を実現するため、以下の経営方針を定め、グループ各社への浸透を図っております。

グループ各社共通の経営方針

(1)お客様との強固な信頼関係の構築により、長期にわたりお客様と共に持続的な成長をする。

(2)健全な市場仲介機能の役割を果たすことで、市場・社会の発展に貢献する。

(3)時代・環境変化に即し、常に進化・成長する企業体を目指す。

経営目標

①株主還元

株主への利益還元にあたっては、経営環境および経営成績と、安定的な配当実施と内部留保による財務体質強化を総合的に勘案し、自己株式取得を含めた連結ベースでの配当性向(総還元性向)20%を目標とする。

②株主資本の有効活用

当社グループは、経営の効率化と機動性を発揮し、経営体質を強化するために持株会社体制を採用している。グループ経営にあたっては、株主資本の有効活用を意識し、グループ会社間における経営資源の効率的配分や事業ポートフォリオの最適化を通じて事業基盤のさらなる強化を図っていく。

行動規範

当社は、法令を遵守することはもとより、信用の基礎となる企業倫理の確立を図り、社会的責任を果たすことを目的として、当社および当社グループの全ての役職員が遵守すべき行動規範を定めた「役職員行動規範」を策定しております。

役職員行動規範の基本理念

①法令遵守はもとより、広く人間社会に求められる誠実性、倫理観に基づき、企業人、社会人として良識ある行動を心がけ、実践いたします。

②性別・年齢・人種・宗教・障害等による差別につながる行為は一切行ないません。